鳥栖駅駅舎

鳥栖市は道路と鉄道の交差点だ。九州の人と物はこの町を経由し東西南北へ移動する。
明治36年に竣工し翌年から供用を開始された鳥栖駅駅舎は、すでに100年を超える年月を刻んでいる。戦火をも逃れた鳥栖駅駅舎だが、近い将来その姿を消すことになりそうだ。




2016年11月4日に開催された鳥栖市文化財保護審議会の資料によれば、駅舎の軸組構造は竣工当時が維持されているらしい。見える部分において原型が残されているのが、車寄せ柱の基壇、柱頭飾り、正面入り口両側の上げ下げ窓、待合室の折り上げ天井、駅舎の東ホーム下屋の鼻板飾りらしい。




実際に見てみると、水色に塗られた柱を支え飾る意匠は今の時代にはないモダンを感じる。プロサッカーチームサガン鳥栖の旗を明治生れの文化が懐深く見守っているようだ。




待合室に入り見上げると一段高い天井に気付く。窪みの部分にはデザインが施されている。合理性と機能を追いかける今の公共建築物では採用が難しい意匠だ。明治から今日まで、この天井の下をどれだけの人々が通過したのだろう。




駅舎の北側には自由通路のエレベーターが用意されている。エレベーターの入口から駅舎に隣接するホームの屋根を覗き見上げると、白く塗装された柱や梁に気付く。塗装面は痛んでいる。凝視すると梁の部分には白熱球の形に似た飾り、下野の部分には半円形の飾りが施されていることが分かる。これらが鼻板飾りなのだろうか。




駅周辺の開発に伴い近い将来、駅は橋上化されるらしい。明治生まれの駅舎を見られる時間は残り少ないのかもしれない。


九州旅客鉄道鳥栖駅駅舎
鳥栖市京町709
0942(82)2020
竣工:1903年
設計:不明
施工:間組
構造:木造平屋建て寄棟桟瓦葺
現鉄道駅舎
撮影:2017/9/18

人吉旅館

JR人吉駅から南へ5分ほど歩くと球磨川に架かる人吉橋と出会う。橋の手前から右へ細い道を進むと人吉旅館が迎える。玄関横には一枚板に書かれた「人吉旅館」の文字、圧倒される。入母屋の屋根と支える太い柱が慎ましい重厚さを印象付ける。




外光が少ない印象のフロントは天井が低い。時間を刻んだ漆黒の柱や梁が宿の歴史を一瞬にして伝える。あえて抑えられたと思われる人工の光はおぼろ気で優しい。

庭を左にみながら奥へ続く廊下を進む。案内された客室は2階、磨き上げられた廊下は飴色に光る。




客室の天井は高い。フロンの天井とは対照的だ。床の間の壁には組子飾が施されている。質素で品がある。鎮座する焼き物は薩摩美山で、15代続く沈壽官窯の花瓶だ。縁側に出ると球磨川の流れが間近に迫る。




館内の窓は木製である。維持管理には相当な気遣いを要するだろう。歴史を守ろうとする宿の熱意と先祖への尊敬を感じる。



館内には温泉が用意されている。立寄り湯も受け付ける。薄い褐色を帯びた湯は掛け流され、飲用もできる。自家源泉である。



2013年、宿の建物は国の登録文化財に指定された。


人吉旅館
人吉市上青井町160
0966(22)3141 HP
国登録文化財
木造2階建瓦葺
竣工:玄関棟1933年・東棟1930年・中央棟1933年・西棟1953年
現温泉宿
立ち寄り湯可 温泉の記事はこちら
撮影:2017/8/10

肥薩線ループスイッチバックと駅舎群

JR肥薩線の人吉駅と吉松駅の間には3つの駅が存在する。普通列車は1時間ほどで、観光列車は1時間15分ほどで人吉・吉松間を結ぶ。740円の乗車券があれば人吉から吉松まで乗ることができる。観光列車いさぶろう・しんべい号であっても自由席なら乗車券のみで利用できる。

【人吉駅】


人吉駅3番ホームに入る「いさぶろう1号」だ。熊本駅から人吉駅までは特急、人吉駅から吉松駅までは普通列車として運行する。背後には石造車庫が建つ。蒸気機関車用の転車台が現役で稼働する。人吉駅の構内に入っても、フェンス越しであっても、鉄道と観光を楽しめる。

【大畑駅】



「おこば」と読む。標高290mほどの高地にある。人吉駅が100mほどの高さなので、190mほどの高低差を上ったことになる。大畑駅はループしながらスイッチバックする線路の途中にある。さらに高い536mほどの標高にある矢岳駅を目指すためだ。駅舎には名刺が貼られている。至る所、名刺だらけだ。

【矢岳駅】



肥薩線で最も高い場所に建つのが矢岳駅だ。駅舎の側では蒸気機関車1輌が静態保存されている。以前は2輌保存されていた。その1輌はSL人吉として動いている。駅構内には石造りの円形構造物が残る。蒸気機関車に水を補給するための給水塔と思われる。

【真幸駅】



矢岳トンネルを抜けると列車は下り始め、宮崎県に入る。間もなく左側に見えてくるのが真幸駅だ。列車は一旦駅舎を通り過ぎ停止する。スイッチバックして駅舎に入るのだ。ホームには鐘がある。幸せの鐘といわれ、人々は列をなしたたいていた。駅舎では様々な土産物が売られている。

【吉松駅】



吉松駅は鹿児島県に所在する。のどかな水田風景が広がる湧水町だ。町内には温泉が点在する。モール泉と呼ばれる褐色が特徴だ。いさぶろう1号は終点を迎え、折り返ししんべえ2号として人吉を目指す。吉松駅では吉都線と合流する。吉松駅の構内では駅弁(たまり)を求めることができる。650円、幕の内弁当だ。

人吉駅と吉松駅の間は濃密だ。スイッチバック2か所とループを体感できる。真幸駅と矢岳トンネルの間からは霧島連山を眺めることができる。日本の近代化を支えた鉄道の躍動に今もって触れることができるのだ。

【人吉駅】


人吉駅にはSL人吉、かわせみ、球磨川鉄道の田園シンフォニー、いさぶろう・しんべいが乗り入れる。いずれも観光列車だ。人口3万3千の小さな地方の町でありながら駅の賑わいをみれば、鉄道を活かした観光が成功しているように見える。

2014/10の記録


肥薩線ループスイッチバックと駅舎群
大畑駅 熊本県人吉市大野町
矢岳駅 熊本県人吉市矢岳町
真幸駅 宮崎県えびの市大字内堅
駅舎見学無料
現役駅舎
撮影:2017/8/11

山の田浄水場建物群

佐世保の中心部までは5㎞ほど、車なら10分で行ける。水源地の背後にある山の田貯水池周辺は緑深い。浄水施設は2015年に一新され、設計、建設、管理、運営までが民間事業者に委託されている。
役割を終えた旧浄水施設の建物はフェンス越しに見ることができる。すべての施設が残されているかは不明だ。旧施設に関する情報は現地にない。



旧施設の正面入口だったと思われる場所からフェンス内を見やる。石造りのコンパクトな建物が目に入る。ヨーロッパの城を連想させる意匠だ。換気口のようにも見える窓上部には柔らかい曲線を描くアクセントが用いられている。入口の扉の右壁には2004年に土木学会選奨土木遺産に認定されたことを示すプレートが掲げられている。



フェンスを伝い歩くと、寄棟下見板張りの建物が目を引く。基礎部分は少なくとも石積みが4段組まれている。強固な基礎の建物だ。古い建物の並びの端には第1倉庫と表示されたスレート葺きの建物が並ぶ。背後は蔦に覆われ壁の色さえ判別できない。



フェンスから離れた敷地の奥に石造りの構造物が建つ。設備の機能はわからない。どうやら石の塀で囲まれていたようだ。入口はアーチ状の意匠が印象的な門構えで、上部に4つの石柱が突き出ている。これまたヨーロッパの城を連想させる。石で描かれたアーチは美しい。




旧山の田浄水場と隣接し新たな施設が整備されている。施設入口周辺にはアパートや住家が立ち並ぶ。貯水池の背後に広がる緑の山々とは対照的な町の風景だ。



旧施設の周辺では工事が進められている。旧施設の先行きが気がかりだ。消え去る運命でなければと願う。


山の田浄水場建物群
佐世保市桜木町7-16 
管理:佐世保市水道局 
土木学会HP
見学:フェンス越し
撮影:2017/5/28