山の田浄水場建物群

佐世保の中心部までは5㎞ほど、車なら10分で行ける。水源地の背後にある山の田貯水池周辺は緑深い。浄水施設は2015年に一新され、設計、建設、管理、運営までが民間事業者に委託されている。
役割を終えた旧浄水施設の建物はフェンス越しに見ることができる。すべての施設が残されているかは不明だ。旧施設に関する情報は現地にない。



旧施設の正面入口だったと思われる場所からフェンス内を見やる。石造りのコンパクトな建物が目に入る。ヨーロッパの城を連想させる意匠だ。換気口のようにも見える窓上部には柔らかい曲線を描くアクセントが用いられている。入口の扉の右壁には2004年に土木学会選奨土木遺産に認定されたことを示すプレートが掲げられている。



フェンスを伝い歩くと、寄棟下見板張りの建物が目を引く。基礎部分は少なくとも石積みが4段組まれている。強固な基礎の建物だ。古い建物の並びの端には第1倉庫と表示されたスレート葺きの建物が並ぶ。背後は蔦に覆われ壁の色さえ判別できない。



フェンスから離れた敷地の奥に石造りの構造物が建つ。設備の機能はわからない。どうやら石の塀で囲まれていたようだ。入口はアーチ状の意匠が印象的な門構えで、上部に4つの石柱が突き出ている。これまたヨーロッパの城を連想させる。石で描かれたアーチは美しい。




旧山の田浄水場と隣接し新たな施設が整備されている。施設入口周辺にはアパートや住家が立ち並ぶ。貯水池の背後に広がる緑の山々とは対照的な町の風景だ。



旧施設の周辺では工事が進められている。旧施設の先行きが気がかりだ。消え去る運命でなければと願う。


山の田浄水場建物群
佐世保市桜木町7-16 
管理:佐世保市水道局 
土木学会HP
見学:フェンス越し
撮影:2017/5/28

旧三井港倶楽部

三池港から近い西港町、植栽された木々に囲まれ西洋風の建物が建つ。三池港の開港に合わせ建設された。
建設当時には和館も建てられたそうだ。現在は洋館のみが残る。2階建て屋根裏部屋付きだ。外国船の船員の慰安や社交の場として使われたらしい。




玄関を入ると受付の方が迎えてくれる。目に留まるのは談話室だ。他に応接間などがあるようだ。右手奥には食堂があり、手頃な価格でランチがいただける。室内に用いられる木は褐色に統一され、落ち着きとモダンを醸し出す。控えめな意匠のシャンデリア、座ることを躊躇させるほど美しい椅子、壁の色と調和したカーテンなどが繁栄の歴史を物語るようだ。



2階には寝室が用意される。各部屋の扉には番号と部屋の名称が記されている。来客をもてなす施設として機能したことが想像される。各部屋には暖炉が設けられ、デザインと機能の融合を見ることができる。至る所に飾られた焼き物や書なども貴重だ。階段を上った場所には昭和天皇が座られたソファーセットが息をしている。




バルコニーから庭に出ると、建物の全容が分かる。切妻屋根、下見板張り、褐色に塗られた柱が織りなす外観の印象は美しいという言葉が似合う。バルコニーから眺める庭も素晴らしい。




1986年に改修が施されたらしい。施設の維持管理には多額の費用が必要だろう。石炭産業の盛衰を証言する施設として貴重な建物だ。



レストランを利用しなくても見学はできるようだ。でも、レストランでおいしい食事をすることが歴史を残す助けになる。

※追記
2017/5/31ニュース。三井松島産業(福岡市)へ売却されたとのこと。運営はエムアンドエムサービス(大阪)で、営業は継続されるらしい。


旧三井港倶楽部
福岡県大牟田市西港町2-6
0944(51)3710 HP
竣工:1908年
設計:清水組
市指定文化財
見学可 11:30~14:30
休:火曜日
レストランとして営業中
撮影:2017/5/3

三池炭鉱三川坑跡

コンクリート製の門柱の間を車で通り抜けると駐車場が確保されている。右手には建物が並び、ガイドの方々が待ちかまえる。15分ほどビデオ鑑賞を勧められる。その後ガイドの方が説明の傍ら施設内を案内する。



最初に目につくのはエンジ色の電気機関車だ。4台が展示されている。明治から昭和初期に製造された機関車である。運転席を見学することができる(有料:500円/10人まで)。



現在、残されている建物の中で炭鉱の面影を残すひとつが入昇坑口だ。第二斜坑口へ向かう入口だ。木造の建物はひどく朽ちているが、中へ立ち入ることができる。その先にあるのが人車乗り場だ。錆びてしまった人車が残されている。坑口はコンクリートで閉ざされている。





人車乗り場を出て敷かれたレールの先へ向かう。視線を向けたのは今にも壊れ落ちそうな木造の建物だ。作業前の確認などを行う繰込場という建物で、緑色の網で覆われている。崩落による危険を防止しているようだ。立ち入りはできない。




更地の手前に説明板が建つ。第一斜坑の跡だ。この第一斜坑こそが1963年11月9日に発生した炭塵爆発事故の現場である。その後影を追いかける遺構などは残されていない。



繰込場の北側にスレートで覆われた建物がある。コンプレッサー室で削岩機などの動力源を生み出していた。現在も巨大な設備が残されている。屋根の半分は崩れ落ちている。



太い鉄のタンクが横たわる先に比較的しっかりとした印象の建物が見える。第一巻揚機室だ。第一斜坑の巻揚を担っていたと思われる。内部にはいつでも使えそうな巨大な巻揚機が置かれている。1997年まで使われていた機械だ。



第二斜坑の巻揚機室だ。屋根の一部が崩落し空が見える。巻揚機はそのまま残されている。風雨によって残された機械は腐食が進むだろう。壁には当時の記述がそのまま残されている。



ガイドの方は閉山当時、働いていたそうだ。丁寧な説明に恐縮した。明治から昭和の産業を支えてきた石炭、危険と隣り合わせの労働に心を痛めた。



三川坑跡は、いわゆる「明治日本の産業革命遺産」には含まれない。数年前までは入口は閉ざされ、立ち入ることはできなかった。


三池炭鉱三川坑跡
福岡県大牟田市西港町2-1-1他
公開日:土・日・祝日
公開時間:9:30~16:00(4月~11月は16:30)
入場無料
撮影:2017/5/3

旧長崎税関三池税関支署

福岡県大牟田市三池港の埠頭の一角に小さな木造家屋が建つ。旧長崎税関三池税関支署だ。改修された建物は公開されている。建物の周囲には砂利が敷かれ、駐車場には困らない。5月の3日、ゴールデンウィークの最中だが訪問者はいない。




入母屋平屋の建物は和と洋が折衷したデザインで、大正に向かう時代のモダンを感じる。基礎には石が用いられているが、西側の一部に煉瓦が積まれている。イギリス積(オランダ積?)されている。




玄関を入ると左手に案内人が座っている。室内は二分され、奥に入るとパネルが展示され三池港に関する説明を読むことができる。室内の壁は柔らかい印象の白色に塗られ、窓枠などは水色を帯びた明るい灰色をまとう。

左手の一角に壁も天井も古いままの小部屋がある。床さえも古いままで、最小限の部分補修が施されたのみだ。実際に使用されていた時の面影を伺い知ることができる。




木製の窓枠は建設当時の意匠を復元したものらしい。改修前の写真ではアルミサッシが用いられたようだ。


旧長崎税関三池税関支署
福岡県大牟田市新港町1-25
管理:大牟田市 HP 
福岡県指定有形文化財
開庁:1908年
改修:2012年
見学:無料
撮影:2017/5/3

栴檀橋

佐賀市神野公園の東に多布施川が流れる。佐賀市大和町に構築された石井樋で嘉瀬川から水が分けられ、多布施川に導かれる。春の候には桜が岸辺を飾る。



多布施川が神野公園の南東に差し掛かるあたり、神野公園通りと多布施川通りの交差点の北に橋が架かる。車両の通過は規制されているが、自転車や人の通行は許されている。意識しなければ老朽化した橋としか見えないし、そこに橋が架かっていることさえ視界にとどまらないだろう。



橋は大正13年7月竣工で、基本部分は石の柱のみで組まれている。九州地域づくり協会ホームページによれば、日本最大級の石桁橋といわれているようだ。

橋の下に目を移すと、5つの橋脚部が支えていることに気付く。それぞれの橋脚部は4本で構成され、合計20本の石の柱が橋を支えている。石の柱は四角柱で、川の流れに逆らわず上流に角を向けて配置されている。欄干や通行面は至って実用的なデザインだ。
親柱には橋の名前と竣工年月日が刻まれている。東側左の親柱には漢字で、西側左の親柱には平仮名で橋の名が刻まれている。



眺めていると、用いられている石の生産地だとか性質、設計者や施工者だとかに関心と興味は向かう。しかし、橋についての詳しい説明は見当たらず、唯一車両通行禁止の看板に竣工年が記されているのみである。



橋の意匠に派手さはない。単に石の柱が並ぶ幾何学的な機能美だけが橋の個性を語る。
すでに車の通行の用に供されていないことから、橋の行く末が気掛かりだ。


栴檀橋(せんだんばし)
佐賀市神園(神野公園南東入口)
九州地域づくり協会HP
管理:佐賀市
見学自由
撮影:2017/1/30